あまり嬉しくないもの

出産祝いで嬉しかったものというのは、やはりよく使用するものです。逆に喜ばれない出産祝いというのは、あまり使用されないものです。
もちろん、出産祝いをもらうこと自体相手からすると嬉しい事なのですが、実際に使用しないもの・使用しにくいものというのは活用できませんので、どうしてもクローゼットの中で眠った状態になってしまいます。また、もらいものなので、捨てるに捨てられないという事となってしまい、宝の持ち腐れとなります。

出産祝いを贈って嬉しかったものと思われるために、しっかりと教えていく必要があります。

人によってはもらって嬉しかったものもありますが、意外と使用しなかったと思われる傾向の高い出産祝いについて紹介します。

・ブランド品
ブランド品は自分では購入しにくいことからもらって嬉しかったと思われるだろう…と考えている人も多いと思いますが、逆に高価であれば勿体無くて使えないという意見もあります。また、その人の趣味に合わないものもあるので、ブランドだけで選んでしまわないようにすることが大切です。

・よだれかけ
赤ちゃんにとっては必要不可欠と思うかもしれませんが、意外と使用する機会が少なかったという声もあります。使用する期間は一時的なものなので、よだれかけを贈るのであれば、出産してから早い段階で渡すようにしましょう。

・大きなおもちゃ
大きなおもちゃというのは、使用しなくなってしまえば処分に困ってしまいます。
そのため、嬉しかったものリストには入らないようです。